FC2ブログ

第17回 日本オープン2018が開催されました    < 第三弾 >

第17回 日本オープン2018が開催されました
            
                  < 第三弾 > 表彰式 ・ サヨナラパーティ編
< 初めに >
 当初、表彰式は2日目大会終了後に行う予定であったが、サヨナラパーティ会場で行うことになった。日本では定刻で始まるのが普通であるが、アジアタイムでの開催でした。成績発表の男子団体では「チーム中村」が3年連続で優勝した。野田木球クラブ、西木球クラブと続いた。女子団体はタイランドAチームが優勝し、野田なでしこ、蓬莱南相馬連合であった。シングルス男子は齋藤昌さんが優勝した。女子はライリンさん(香港)が優勝である。今回の海外の参加者は女子が多くサヨナラパーティは民族衣装でとても華やかな時間であった。最後のタイランドの踊り、日本の相馬盆歌を参加者で踊り友好を深めて別れを惜しんでいた。
 

< 表彰式 >
 ○ 各国への記念品
     1 参加国へのお土産


< 表彰式 : 成績の詳細はブログ「木球福島」参照 〉

○団体戦男子:優勝:チーム中村:メンバー:増子さん  ○団体戦男子:準優勝:チーム野田
2 団体優勝チーム中村   3 団体準優勝チーム野田


○団体戦女子:優勝:タイランド・Aチーム   ○団体戦女子:準優勝:野田なでしこ
4 団体女子優勝タイAチーム   5 女子団体準優勝


○ シングルス : 男子 ( 左から優勝 ~ 6位 )
優勝:齋藤昌、2位:Davka Davaa、3位:松原航、4位:増子弘文、5位:Vittaya ,6位:三浦賢治
   6 大 シングルス1位~6位男子


○ シングルス : 女子 ( 左から優勝 ~ 6位 ) 
優勝:ライリン(香港)2位:安田ヨツ3位:益山富士子4位:Suree(タイランド )5位:三浦喬子6位:舟山美智子
   7 大 女子シングルス1~6位


○ 海外入賞者を囲んで(タイランド)   ○ 準優勝したダウー君と東京支部長 (モンゴル )
8 入賞者を囲んでタイランド   9 準優勝のダウー君と


< 記念品贈呈 >

○ 香港より日本へ              ○ 日本から香港へ
10 香港から   11 日本からこけし

○ マレーシアから日本へ          ○ 日本からマレーシアへ
12 マレーシアから   13 日本からこけし

○ シンガポールから日本へ        ○ 日本からシンガポールへ
14 シンガポールから   15 日本から

○ タイランドから日本へ           ○ 日本からタイランドへ
16 タイランドから   17 日本から
 

< サヨナラパーティ >

○ ⓵ パーティが始まりました
   18 大 パーティ

○ ②パーティ                  ○ ③ パーティ
19 パーティー   20 乾杯

○ ④ パーティ                 ○ ⑤ パーティ
21 パーティ   22 歓談中
   


< 記念写真 ・ 踊り ・ お別れです >

○ ⓵ 集合しましょう
   25 集まって1  

○ ② 集合写真                 ○ 記念写真
23 集合です   26 撮りますよ

○ 記念写真              ○  記念写真(左女子優勝ライリンさん(香港)
24 記念写真   左優勝したライリンさん


○ ⓵ 踊りましょう                ○ ② 踊りましょう  
27 踊りましょう   28 踊っています

○ 輪になって!!                ○ ありがとうございました
29 人の輪   30 お別れです
   


< 編集後記 >
 二日間にわたっての大会は終った。シングルス戦の戦いでは物足りないと若者は行っていた。海外では、全てに男女のシングルス戦、ダブルス戦、MXダブルス戦、フエアウエイ戦、団体戦など多くあるが日本ではシングルス戦のみである。せめてダブルス戦位やってほしいという意見を聞いた。何度か海外に行っているので私も同意見であったが、こればかりは主催者に聞かなければわからない問題である。大会は初日は雨模様・2日目は曇り~晴とまずまずの天候でした。海外選手はあづま運動公園・桜の広場のコースを見られて感動したように聞いています。しかし24コースは疲れました。皆さん!1 お疲れ様でした!!!!              ( 文責 : 上野 直紀 )


       
                  image004_201506082008046d2.jpg
           日本木球連盟・多摩支部














スポンサーサイト

第17回 日本オープン2018が開催されました    < 第二弾 >

第17回 日本オープンが開催されました

                         第二弾 : 開会式・大会の様子などを中心に


< 始めに >
 大会前日のコース作りの時は暑いくらいの天候でしたが、やはり、大会初日は天気予報通りの雨になりました。海外の方はカラフルなレインコートを準備していたようである。日本人は各自が適当な雨具を用意していたようであった。大会中は小雨ながら最終コースあたりまで降っていたが大会終了後は晴れて太陽も顔を出してくれた。海外の方は全員、フルーツ王国である福島の梨狩りに出かけた。2日目は前日の雨は無く、曇り空であったが足元は昨日の雨の名残か足元は皆、びっしょりであった。大会成績はブログ「木球福島」をご覧ください。 次回は表彰式・サヨナラパーティの様子を載せます。 


< 海外からの参加者 >
     1 海外選手


< 開会式・初日 >
○ 大会旗                 ○ 日本木球連盟新谷会長挨拶
2 大会垂れ幕   3 新谷会長挨拶

   
○ 齋藤競技部長挨拶            ○ 三浦審判部長挨拶
4 雨競技委員長井浅津   5 審判長説明

   
○ 雨の開会式   整列      海外からの参加者
6 雨開会式外人    7 雨開会式外人

   
○ 日本選手           整列
8 雨開会式④    9 雨開会式③
 
  
< 開会式・二日目 >
○ 海外選手           整列
11 海外整列    12 晴開会式海外


○ 日本選手           整列
13 日本人整列   14 晴開会式日本人
   

< 会場風景・大会様子 >
○ 大会コース                 ○ 起伏のコース
15 大会コース   16 起伏のコース全景
 
  
○ 小川の横で!                ○ 起伏のコース
17 小川のよこで    18 起伏のコース


○ スタート待ち!             ○ 打ちますよ!!
19 前がつかえてます (1)   20 打ちますよ!


○ 狙います( 丹さん )!!     ○ 打ちました( 相澤君 )!!
21 狙います丹さん (1)    22  狙います相澤君


○ 狙います11              ○ 狙う角度は厳しいね!!
23 狙いますよ    24 角度は厳しいが (1)


○ ゲート前チャンス!!         ○ ゲートイン( 阿部さん )!!
25 ゲート前チャンス!    26 ゲートイン

○ 日本の若者が参加した!!        ○ 審判中!!
27 日本の若者たち    28 上野審判中


< 編集後記 >
 大会初日は朝から雨が止まず、開会式も雨の中で行われた。日本人も海外の方も雨には慣れたもので、海外からはカラフルな雨具を身に着け、日本人は100均で購入や普段の雨具での参加のようであった。強い雨ではなかったが、足元には水たまりもできており、24コースはきつかったように思った。しかし、昼食後は晴れてきて、海外の方は梨狩りに出かけたようである。若者は24コースのみでは消化不良のようで10人ほどが集まり、2グループに別れて2コースごとに人の入れ替えを行いながら24コースを私も仲間に入れて頂き楽しくラウンドをいたしました。 2日目は雨にならず、皆さん、曇り空の中で周りの景色を感じながら24コースを楽しみながらプレーしていたように思えた。           < 文責 : 上野 直紀 >



        
                  image004_201506082008046d2.jpg
           日本木球連盟・多摩支部












第17回 日本オープン2018が開催されました

第17回 日本オープン2018が開催されました
                   ( 大会は9月15日~16日 :  場所:あづま運動公園・桜の広場 ) 

                       第一弾 : 裏方を中心に!!
                       第二弾 : 開会式・大会の様子を中心に!!
                       第三弾 : 表彰式・サヨナラパーティを中心に


 昨年度は海外選手は香港(ライリンさん)のみでしたが、今年は何とタイランドから24名、マレーシアから3名、シンガポールから2名、香港から1名、モンゴル(東京在住)から1名の31名の参加がありました。日本からは48名と普段の県大会より少なく感じましたが、合計79名の参加で始まりました。 前日のコース作りは天候に恵まれましたが、大会初日は天気予報通りの小雨の中での大会になりました。午後からは太陽が出て、海外選手は梨狩りに出かけました。 夕食までの間、若者を含め10名で24コースを回りました。 二日目は曇り空でしたのでホッとした気持ちの良い大会になりました。 表彰式・サヨナラパーティでは海外の方は自国の民族衣装を身に着けての参加で華やかなひと時を過ごしました。 今回は第一弾~第三弾を順次ブログにいたします。 なお、大会成績などはブログ「木球福島」をご覧下さい。


< 第一弾 >
○ 大会表紙
    1 表紙

 < 裏方さんを中心に!! >

 ○ コース全景              ○ コース整備中
2 コース全景3 コート清掃中

 
< 設営準備 >

 ○ 作業の手順説明           ○ ネット設置は必要です
 4 説明する5 落下防止ネット
 

 ○ ① テント設営中           ○ ② テント設営中 
12 テントつくり13 テントつくり


 ○ 女子でもやれます          ○ 力持ちです
14 女子でもテントつくり15 力持ちですよ


 ○ ⓵ コース作り             ○ ② コース作り
6 コース作り 7コース作り


< 撤去開始 >

 ○ コースロープの巻取り中      ○ 片付け中
8 コース巻取りはキツイ 9 コース撤収


 ○ ⓵ コース片付け          ○ 木球旗撤去
10 コース撤収 11 旗撤収


 ○ ⓵ テント片づけ中         ○ ② テント片づけ中
16 テント撤収17 テント撤収


 ○ 軽トラで運ぶ             ○ 積み込み完了
18 テント返却 19 撤収終了


< 大会前日の準備隊集合 >
大20 前日のお手伝い軍団


< 撤収に協力した若者たち >
大 21 撤収お手伝いの若者



< 編集後記 >
3回に分けてブログを作成します。第一弾は大会がスムースに行われるためには裏方さんの協力があっての大会の成功だと思います。今回は海外から30名(モンゴルは在東京)の参加があり、久しぶりの24コース設定であった。広大なコースは久しぶりに大きく感じました。やはり大変でも24コースはとてもやりがいがあったが年配者が多く、また、初日は天候も悪く、足元も安定せず疲れた様子が見られた。 やはり、木球日和と呼ばれる天候が一番いいと皆が感じたと思いました。 <文責:上野 直紀 >



        
                  image004_201506082008046d2.jpg
           日本木球連盟・多摩支部




ふくしまレクリエーションフェスタ2018が行われました

ふくしまレクリエーションフェスタ2018が行われました

                       コース作りの様子などです

< 始めに >
 台風21号の影響が来ない前の大会でしたが秋雨前線の停滞により、午後からのコース作りはカッパを着ての作業開始でした。
開催場所は会津若松市・会津レクリエーション公園内のサッカー場2面分の広大な多目的広場でした。本当に広い敷地でした。
 福島・会津での木球大会に参加するのは2度目だと思います。あいにくの秋雨前線の停滞による小雨の中での作業でしたが2時間ほどで12コースは完成しました。すぐに練習を開始しましたが水たまりが多くあり、遠くにはボールは転がら無い様子でしたが、海外コースのようにロングコースが多く楽しめるコースに仕上がりました。


 < 案内ポスター >

     1ポスター


○ コース釘の確認           ○ コース作りの開始
4コース釘の確認  5コース作り開始



○ コース作り               ○ コース作り  
6コース作り  7コース作り


 < コース作成協力者 >
    3コース作り集合


○ 阿部 幸七さん         ○ 山河 紘  さん
8阿部さん  9山河さん


○ 本田 静さん            ○ 齋藤 昌さん
10 本田さん  11 斎藤さん


○ 三浦 喬子さん           ○ 三浦 賢治さん
13三浦さん  12三浦さん (2)


○ 元気な牧野律子さん        ○ 完成した6コース
14 元気な牧野さん  15 6コース完成

○  公園案内図            ○ そば処の広大なソバ畑
2公園案内図  17 広大なそば畑



< 今回の優勝者 >  大会の詳細は「木球福島」のブログをご覧ください

○ 男子の部 優勝者           女子の部 優勝者
    増子 弘文さん             牧野 律子さん
18 優勝増子さん  19 女子優勝牧野さん




< 編集後記 >
 今回はふくしまレクリエーションフェスタの裏方さんをUPしました。特に雨の中での作業が約2時間くらいだと思います。運動靴では靴下までびっしょりになり、長靴での作業が正解でした。コース張り終了後、1ラウンド回ったのですが所々が水浸し状態でしたのでボールは進みませんでしたが、大会当日は小雨やぬかるみはありましたが、ボールはそこそこに走っていました。私は大たたきをして連続OB5回、それ以外にも数多くのOB を出して成績は自慢できる数字が出ませんでした。練習はしているのですが・・・・・日本オープンではその成果が出ることを信じて練習します。                       < 文責 : 上野 直紀 >


        
                  image004_201506082008046d2.jpg
           日本木球連盟・多摩支部

















木球場は木々の下で暑さ対策は完璧?⁉

 木球場は今!!!

木球は木々の下で暑さを吹き飛ばせ?⁉


 東京多摩支部の木球練習場は2か所ある。八王子市の丘陵に一戸建てやマンションが多数出来ているし、建築中の建物も多く人口流入はものすごい。そのために、市は公園や緑地を増やしているようだ。大塚公園は野球場・テニスコート・プール・多目的広場を市民に開放している。その一つを木球場として週一回(毎週火曜日)利用させてもらっている。日陰が多く、水道やベンチ、トイレまで完備している。もう一つの桑の木広場は近隣住民に開放しており、週2回(月曜・水曜)の練習を行っている。今年の猛暑は全国的で八王子も例外ではなく、35度以上が連日続いたが2つの木球場は木々に囲まれており、また日傘のような桑の木(直径15M以上の日よけ)もあり、7月~8月中の木球練習は何とか休まず行うことが出来た。しかし、暑かった。


 < 東京・多摩支部の練習場は!>

○ 勧誘ポスター
1 大  勧誘ポスター


 ○ 大塚公園案内図       ○ 木々に囲まれた練習場
2 芝生広場で8 木々に囲まれて


 ○ 桑の木広場          ○ 日陰の役目を果たしてくれる桑の木
4 日陰のできる桑の木 (2)5 日陰のできる桑の木 (1)


 ○ ゲート回り           ○ ボールが隠れる雑草
6 ゲート回り7 ボールが隠れる



 ○ 木々に囲まれ         ○ 川沿いからはいつも富士山が・・・・
3 木々に囲まれて9 富士山



 < 編集後記 >
 7月~8月の練習はとても暑かった。しかし以前、私が赴任したサウジアラビア・カフジ地区は暑い時、昼間は50度近くにもなり、お風呂の水が38度を超えることは普通の出来事であったので暑さに対しては慣れていたが? やはり暑かった。 しかも、海外大会はアジア地域が多く、毎回、暑さとの戦いであったのを思い出した。 しかし、今年は世界的に異常気象が続いているようである。
                  < 文責 上野 直紀 >


        
                  image004_201506082008046d2.jpg
           日本木球連盟・多摩支部







 | HOME |  »

プロフィール

上野直紀

Author:上野直紀
ようこそ、木球の世界へ。学生さんからお年寄りまで、どなたでも手軽にできる趣味プラス軽スポーツです。一度体験してみませんか。お待ちしております。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (59)

日本木球連盟東京多摩支部

QR

カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する