FC2ブログ

木球場は川沿いの今!!

木球場は !?  川沿いは今!!1
               川沿いの桜も草花も咲き誇っている


 木球場は湯殿川沿いにある。川沿い周辺は桜やこぶし、チューリップ等が咲き誇っている。 2月に2回降った大雪はこの川沿いでも歩くのに大変だったが今では本当に近隣住民の散歩コースになっている。周辺の木々のうち、特に桜・草花は咲き誇っている。 木球場からはいつも天気が良ければ富士山が良く見える。


○ 川沿いからの富士山      
大 富士山 (2)

○ 木球場の位置         ○ 川沿いからの木球場
1)コース全容2)川沿いからの木球場

○ 湯殿川の看板          ○ 緑道
1番 湯殿川の看板2番 緑道

○ 木球場と桜            ○ 木球場と桜
②木球場の桜①木球場の桜


○ 川沿いの緑道           ○ 川沿いの緑道
③緑道と桜④緑道と左に桜


○ 散り始めたこぶしの木       ○ 咲き誇る雪柳 !?!
⑤こぶし満開⑥白い低い花と桜


○ チューリップ            ○ 咲き誇る水仙
⑦赤色チュウリップ満開⑧黄色い花


○ 緑道 (1)              ○ 緑道 (2)
⑨緑道の両脇は植木⑩緑道と刈込植木

○ 満開の桜
満開の桜

大ラスト 富士山

< 編集後記 >
 今年の東京は久しぶりに大雪?の洗礼を2回受けた。電車や各道路は一日中大混乱であった。雪国では何ともない降雪でも東京・近郊はパニックの連続でした。川沿いも雪の影響は大きく普通に通れるようになるまでには相当時間がかかった。しかし、今の川沿いは桜も満開で木々・草木もイキイキしている。木球場も天気の良い日は本当に楽しくプレイできる社交場である。     < 文責:上野 直紀 >

       
                  image004_201506082008046d2.jpg
           日本木球連盟・多摩支部


スポンサーサイト

いわき早春大会のコースシンボル(ヨット)消える!

いわき早春大会のコースシンボル(ヨット)消える!!


  今年で9回目を迎える ”福島県早春木球大会” コース張りの準備を進めていた数日前に、大学のシンボルである講堂横に設置していたヨット(2艇:エコー2世号・3世号)が解体されることになったという話がありました。明星学苑が大学運営から手を引いたからのようです。そのためにヨットは解体されました。今後の大学内での早春大会運営もいろいろ厳しくなるかと思います。今年の卒業生が最後の木球部員となり、来年度以降は休部という形で存続はするようですが厳しい状況には変わりません。 テニスコート横の木球場の今とヨットの姿を記憶と記録に残せればと思います。


○ ヨットが消えた! 

大①ヨットが消えた?

○ エコー号 ・ 春       ○ 雪の中 ・ 冬
②エコー号春2③雪の中のヨット①

○ 木球場 ( 桜の下 )    ○ 懐かしのロングコース
④桜の下木球場⑤懐かしの木球場

○ 埋もれたゲート        ○ 体育館脇のコース
⑥埋もれたゲート⑦体育館脇コース

○ エコー号 ・ 春        ○ 冬
⑧エコー号春⑨雪の中のヨット②


< 早春大会の準備 ・ 参加 >
○ 新潟からお手伝い         ○ コース作り
⑩お手伝い新潟から⑪ コース作り


○ 松原君 ・ 中村君      ○ 久野君 ・ 柏山君
⑫松原・中村⑬久野・柏山


○ 澤田君 ・ 松原君     ○ 上野 ・ 増子夫婦
⑭澤田・松原⑮上野・増子夫婦


○ 学生大会参加した最後のポスター   ○ 児玉講堂名が消えた??
⑯最後の大会ポスターIMG_5350⑰児玉講堂名が消えた?



< 編集後記 > 
 いわき明星大学木球部は今年で部員が0となります。大学内での活動がなくなり、今後の早春大会会場として使えるようになるには手続きが面倒になるかも知れません。今後はいろいろOB/OGの力を借りながらいわきでも木球を続けていける道を探りたいと思います。   < 文責 : 上野 直紀 >

       
                  image004_201506082008046d2.jpg
           日本木球連盟・多摩支部


 | HOME | 

プロフィール

上野直紀

Author:上野直紀
ようこそ、木球の世界へ。学生さんからお年寄りまで、どなたでも手軽にできる趣味プラス軽スポーツです。一度体験してみませんか。お待ちしております。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (65)
スポーツ吹矢 (0)
木球 (1)

日本木球連盟東京多摩支部

QR

カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する