韓国・済州島に行ってきました  

韓国・済州島でWC木球大会・韓国オープンに参加してきました。
                     ( 2016年5月25日(水)~31日:6泊7日 )
初めての韓国・済州島へ行ってきました。

 日本木球選手団13名(男子:8名、女子:5名)は、韓国・済州島(5/25~5/31)に表記大会に参加して参りました。
 羽田空港ではトラブル発生。機内預け入れは一点のみでスーツケース以外は別料金となり、とっさにマレットを3~4本を一括り  にして3組作りましたが、一人当たり2000円以上の出費が発生しました。

 ① 日本選手団 ・ 出発羽田集合

出発ロビー

いざ!出発


羽田空港を午後12時5分に出発し、韓国・仁川空港に14時25分着到着いたしました。国内線に乗り換えて済州島到着は17時05分に予定通り到着いたしました。 迎えの車でホテル到着。夕食はなぜか韓国料理ではなく中華料理屋になりました。
韓国と日本とは自差はなし。石造の守り神(トルハルバル)がいたるところにあった。

 ② 羽田空港~韓国仁川空港~済州島仁川空港

◎ 入国審査待ち
韓国入国

◎ この大きなツボは?
ツボ(空港内) (1)

◎ 子供用トイレ?
子供用トイレ (1)

 ③ 街並み( 石像、活魚レストラン )石像守り神トルハルバス

◎ シーフードレストラン①シーフードレストラン①

◎ シーフードレストラン②シーフードレストラン②

◎ 外壁アート
外壁のアート

◎ 岸壁アート岸壁アート

◎スーパーマーケット
スーパー

◎セブンイレブン
セブンイレブン①

◎民間両替所民間両替商


 ④ 大会会場
◎ 快晴の中快晴の中

◎ 雨・濃霧の中濃霧の中で

◎木球授業です授業(木球)

◎何でしょう?                     答え:アーチェリーの的
アーチェリーの的

王会長夫妻・力クアジア連盟会長と日本選手団会長日本人全員集合


< 編集後記 >
 到着 翌日は公開練習日でした。12コースが3か所もある広大な木球コースでした。そして、夕食を兼ねたウェルカムパーティーでした。200人を超える参加者でにぎやかなパーティでした。
 翌日から個人、ダブルスなどの予選が開始されました。呼び出しコールが韓国語・英語なのでわかりづらく必死でアナウンスに耳を傾けての試合参加・観戦でした。 上野直紀(東京多摩支部)がゲートインワンを2回達成いたしました。
大会参加成績は自慢できる打数ではなく、今後の課題ができました。
 3日目の午後は、雨に見舞われ、また霧が発生し、10M先が見えず、ゲーム途中で中止が決定されました。 翌日から天気も快晴となりましたが、中止の影響は大きく、全試合終了は午後7時近くになり、サヨナラパーティ・表彰式の終了は午後11時を回っていました。日本選手団席が見当たらず、同一テーブルではなく、離れたちょっと寂しいテーブルでの参加でした。
 予選大会終了後、買い物ツアーにも出かけました。言葉や文字は完全にわからずじまいの韓国・済州島でした。
もっと残念なのは世界自然遺産に指定されている世界地質公園を今回は見ることができなかったことである。
                                               < 文責 : 上野 直紀 >

          
                  image004_201506082008046d2.jpg
           日本木球連盟・多摩支部


スポンサーサイト



プロフィール

上野直紀

Author:上野直紀
ようこそ、木球の世界へ。学生さんからお年寄りまで、どなたでも手軽にできる趣味プラス軽スポーツです。一度体験してみませんか。お待ちしております。

日本木球連盟東京多摩支部

QR

コメント

非公開コメント