第5回 世界学生木球選手権大会(台湾・台北)に行ってきました  ・・・・第 2 報・・・・

第5回 世界学生木球選手権大会(台湾・台北)に行ってきました   
 ‥・・・第 2 報 ( 大会編 )・・・・


  台湾に到着した翌日の午前中は公開練習日であり、参加者全員がコースの感触を確かめに来た。大会中は天候もよく木球日和であった。ただ、気温が34度と高く、日向はげんなり、日陰は風があれば快適に近い天候である。大会は翌日、午前中から始まるが午後は試合が殆どなく、各国の選手は夜店探索、市内観光、名所めぐりを独自で探しながら毎日を楽しんでいたようだ。
 日本チームも日本チーム通訳担当:ミソちゃん、ジョーちゃんの案内で台北市内を散策した。
 大会成績は厳しく、最下位争いをするも学生間では人気があり、ニュースレターには3度掲載され、インタビューもあり、写真撮影もあり、モテモテの日本チームでした。今回は大会の様子などを中心に掲載いたします。次回、第3報は観光・夜店での様子をじっくりお見せいたします。


1) 日本チーム
勢ぞろい1


2) 各国のライバルである仲間たちと一緒に!
   ( シングルス戦・ファウエイ戦 )


     ◎ 菅原君は台北選手と試合             

菅原③シングルス記念

     ◎ 青野君はマレーシア選手と試合

青野君④シングル記念


       ◎ 高橋・相澤君はタイランド選手と試合   
     
高橋⑤相澤ダブルス記念

       ◎ 酒井君は・水船君は香港選手と試合

ダブルス酒井水船対戦者


◎ 開始待ちの日本チーム    ◎ 1打差でメダルを逃がした二人

開始待ちの日本チーム1打差でメダルを逃がした2人


       ◎ 相澤君 チャンスだ!                  

⑨相澤君チャンスだ

       ◎ 高橋君 悩む!

⑩高橋君悩む!


◎ 青野君 よし ゲートインだ!        ◎ 菅原君 ナイスショット!

⑪青野君よし!ゲートインだ!菅原君ショット


       ◎ 応援は日陰が一番、”34度ですよ”   
      
 ⑱応援は日陰で!34度です

       ◎ 若い人が見学です

⑮ギャラリー


◎ ゲート前・ 狙っています              

⑭緊張1緊張

◎ 実は緊張しています

⑰スタンスがいいね!

                    ◎ 8 人 の 侍

8人の侍


◎ 表彰式

〇 表彰式風景                             〇 ミックスダブルスメダリスト 

  表彰式IMG_3895ミックスダブルスIMG_3798
                                 準優勝:モンゴル、 優勝:タイランド、3位:台北

                    
〇 男子・シングルスメダリスト(準優勝:タイランド、優勝:香港 3位:タイランド)

男シングルスIMG_3849


〇 女子・シングルスメダリスト(準優勝:香港、優勝:タイランド、3位:台北)

女シングルスIMG_3862


〇 男子・ダブルスメダリスト(準優勝:香港、優勝:タイランド、3位:台北)

男ダブルスIMG_3729


〇 女子・ダブルスメダリスト(準優勝:台北、優勝:タイランド、3位:香港)

女子ダブルスIMG_3779



< 編集後記 >

 今回は57名(男子:35名、女子:22名)の参加で最近では最少人数ではないかと思う。その中で日本チームは個人的には惜しい試合もあり、まだまだ伸びる要素は十分持ち合わせているが、基本的な直線を思い切り飛ばすことができず、また、距離感がつかめず、無駄な打数を使っていた。。毎晩、ミーティングで1回戦より、少ない打数での打ち方を考えるように話し合い、全員が当初の予定打数よりは減少したのは良かったが、やはり、練習不足である。今回は木球成績は振るわなかったが試合会場以外では対外的にメダルをとれるくらいの活躍をしてくれた。しかし、本来の目的は試合成績をあげることではあるが、学生同士の交流は十分に行っていた。本音はもう少し大会での成績上位が良かったが、学生は成績以外は十分に満足していたようである。
                                        < 文責 : 上野直紀 >

          
                  image004_201506082008046d2.jpg
           日本木球連盟・多摩支部



スポンサーサイト



プロフィール

上野直紀

Author:上野直紀
ようこそ、木球の世界へ。学生さんからお年寄りまで、どなたでも手軽にできる趣味プラス軽スポーツです。一度体験してみませんか。お待ちしております。

日本木球連盟東京多摩支部

QR

コメント

日本選手のランクはまだまだ?

woodballman
 ご苦労様でした。拝見するとやはり海外との差は歴然としているように見受けられます。学生は4年間のうちに育て、卒業すると社会人になるわけですが、その後の木球の継続を期待いたしますが、なかなか難しいですね。
非公開コメント