福島県浜通りは?

0
福島県 浜通りのいま?

 いわきを離れて東京・八王子での生活にも慣れてきました。今月8日(日)にいわき市・南相馬市親睦木球大会に参加して
参りました。行きは常磐道高速で南相馬JCまで走り、帰りは久しぶりにスパリゾートでゆっくり温泉三昧でした。
大会成績(木球明星に掲載)は散々でしたが、いまだに6号線沿いは東日本大震災・原発事故の傷跡は当時のままでした。
海岸線は5m近くの防波堤があらゆるところで工事中でした。海岸線のない海なし県に近づいている箇所がいたるところで
目撃いたしました。 以下の写真はほんの一部ですが現況です。

1、 6号線沿いの現況
  ① 黒いシートはいまだ山積み状態
①いまだにこのまま!

②いまだにこのまま!


  ② 廃屋となったお店・住宅街

 ③廃屋

④廃屋


  ③すべてが規制中
 
⑤今だバリケード

6閉ざされた家家

⑦イノシシ減速

⑨-2帰還困難通行禁止

⑨通航制限中

⑩バリケード


  ④ 「富岡は負けん!」

 ⑪「富岡は負けん」

  ⑤ この高さでは、海が見えません
 
⑫海が見えないよ

 ⑮防波堤



 < 編集後記 >
 南相馬市・木球場はご覧のとおり専用木球場としては、回りは大きな林の中にあり、多少の風でも快適にプレイできます。
24コースの広さを持ち本当に素晴らしいコースです。広いコースだけ維持管理は大変で地元の愛好者は快適なコースを
守るために大変な努力をされています。本当にご苦労様でした。今回は大会参加者もいろいろな都合があり少数でしたが
楽しくダブルスまででき、本当に楽しい一日でした。
 今回は大会の様子は「木球明星」をご覧になり、6号線の現状を見て頂き、津波、原発について他人ごとではないことを
再確認できた一日でした。
                                                 東京多摩支部  上野 直紀
 
南相馬市木球場


          
                  image004_201506082008046d2.jpg
           日本木球連盟・多摩支部







スポンサーサイト



プロフィール

上野直紀

Author:上野直紀
ようこそ、木球の世界へ。学生さんからお年寄りまで、どなたでも手軽にできる趣味プラス軽スポーツです。一度体験してみませんか。お待ちしております。

日本木球連盟東京多摩支部

QR

コメント

原発の被害

dump
 積極的原発推進の誘致県、地元の声。現在の心境は。
非公開コメント