FC2ブログ

 エコー号とともに!! あれから7年!! サンマリーナの今!!

エコー号とともに     震災を乗り越えて!!   
                        サンマリーナの今!!

 
 2011年(H23年)3月11日に発生した東北地方太平洋地震による災害及びこれに伴う福島第一原子力発電事故から7年を経過した。津波・火災も発生し、東日本大震災における死者、行方不明者は2018年(H30年)3月9日時点で死者は15,895人、重軽傷者6,156人行方不明者は未だに2,539人もいる。自然災害での死者・行方不明者の数が1万人を超えたのは戦後初めてのことであった。  ここ、サンマリーナも係留船、陸置き船、浮桟橋もすべて流されてしまった。クラブハウス,レストラン、修理ヤードなどすべてが破壊された。関係者の努力で岸壁・一本の浮桟橋が完成した。しかし、昔のようなマリーナに戻ることは夢のまた、夢である。サンマリーナを尋ねると毎週土・日曜日のクルージングを思い出します。毎年夏休みは小笠原諸島・伊豆七島への長期クルージングに出かけ、春休みには伊豆七島、仙台・松島方面・金華山に行きました。すべてがサンマリーナからの出発でした。いろいろな思い出のあるサンマリーナが復活することを期待しています。


< 地震・津波の恐ろしさ >
① 被害にあったマリーナ全景( 浮桟橋・建物が消えた )     
①大 当時の写真

 ② 真っ二つに割れた大型クルーザー⁉   ③ 砂浜打ち上げられたモーターボート⁉ 
②真っ二つに割れたクルーザー③打ち上げられたボート

 ④ 岸壁に打ち上げられた漁船⁉    ⑤ つり上げクレーンに亀裂⁉
④陸に打ち上げられt漁船⑤つり上げクレーンレールにに亀裂

< サンマリーナの今 >
⑥ 岸壁の整備は完了したが?!      ⑦ 浮桟橋が完成したが?!
⑥今のサンマリーナ⑦浮桟橋全景

⑧ 新たな浮桟橋は一本のみ?!      ⑨ ヤード全景(今だにクラブハウスは無い)
⑧新たな浮桟橋⑨ヤード全景


< 思い出のエコー号は展示場から消えた? > 
 消えたヨット大 コピー

 毎夏・春休みは小笠原・伊豆七島・松島・金華山へのクルージングを楽しんだ

⑩ 思い出のエコー号: 春      ⑪ 思い出のエコー号 : 冬 
⑩エコー号春⑪今はないヨット(冬景色)

< 海が見えません !  悲しい現実 !! >
⑭海が見えない⑮海が見えない (1)


④海が見えない (1)⑯海が見えない (2)








< ロスのマリナ・デルレイに行ってきました >
⑫ 係留艇は5000艇以上あり        ⑩ 海賊船かな?
⑫係留中⑬海賊船

⑪ 何とヘリコプター搭載クルーザー?!
14 大 ヘリコプター?


< 編集後記 >
  東日本大震災から7年目に入りましたが、まだ、以前のようなマリーナでの活動は皆無のようです。堤防のかさ上げはいわき・小名浜周辺の海岸を海無し県になるような場所も点在しています。 サンマリーナは開設当時から車がなければいけないような場所にあり、”市民の憩いの場”になるには時間がかかると思う。また、マリーナとしての機能を持たすにはクラブハウス、修理ヤード、食事処等の整備が必要であり、ここを機能させるにはまだまだ時間がかかる気がする。
                            < 文責: 上野 直紀 >

       
                  image004_201506082008046d2.jpg
           日本木球連盟・多摩支部



スポンサーサイト

Comment

[18]

 エコー号、懐かしいな‼、あの頃の大会が思い出されます。砂利の多い難コースでした。が、しかし、スコアはそんなに悪い記憶はありません。時の流れというか、一抹の寂しさを感じます。今後訪れることはないと思いますが、大会当時が次々と思い浮かびます。ちょっと小太りの髭の上野先生、大きな声で生徒指導??? 手入れの行き届いた校舎前芝コース、難しかったテニスコートわきのコース、今思えば何もかもよい思い出として記憶に残っております。いろお世話になり、ありがとうございました。今後会う機会は少なくなりますが、その他での情報交換を続けたいものです。
 現在、私はパークゴルフで頑張っておりますが、なかなか思うようなスコアで上がれません。先週の大会では83人中45位のとび賞でした.木球のようなわけにいかないのが現実です。上野さんも木球はもちろんのこと、吹き矢でも大いに頑張ってください。今後のご活躍を期待いたします。
 終わりに、福島は連日35度前後の猛暑です。体調には十分気を配りながら頑張ってください。では、また逢う日まで。:金子:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

上野直紀

Author:上野直紀
ようこそ、木球の世界へ。学生さんからお年寄りまで、どなたでも手軽にできる趣味プラス軽スポーツです。一度体験してみませんか。お待ちしております。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (65)
スポーツ吹矢 (0)
木球 (1)

日本木球連盟東京多摩支部

QR

カウンター


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する